読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケットの「在庫あり」ならコチラっ~!

縫い目なしのパッチポケット!わかりやすかったです。この本は基本的なポケットがたくさん載っていて!しかも型紙までついているので使い出があります。縫い目の見えないポケットのつけ方(たぶん表紙のポケット)なんて!初めて見ました。

2月17日 おすすめ♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

ポケットポケットの基礎の基礎 [ 水野佳子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

本当に作りたかったのは斜めのファスナー付きスラッシュポケット!これは写真だけ載っていて型紙&作り方がないのが残念。図書館で新旧様々なポケットの本を見比べてみて、これが1番わかりやすかったです。初心者用の簡単な型紙だと、ズボンのポケットがない場合があるので、重宝しそうです。これまでは型紙にあるポケットくらいしか作ってこなかったのですが、やっぱり自分でアレンジしてつけてみたくなりました。型紙があるのもうれしいです。ただ、あくまで洋服用のポケットの作り方の本であって、縫い代を利用したシームポケットや、スカートやズボンなどのサイドポケットは載っていますが、バッグなどに特有のポケット(分割ポケットや釣りポケットなど)は載っていません。とてもわかりやすく!買ってよかったです。本格的に自宅で勉強したい方にオススメかと思います。でも実際つけようとすると、ワンパターンな付け方になってしまいがちなので、この本で色んなパターンのポケットの付け方を参考にしてやってみたいと思います。特にシリーズで持っているとまるで教科書みたいで勉強になります。写真のリュックのファスナーポケットもこちらの型紙をアレンジして作りました。(洋服だったら大体サイズは同じくらいですものね)今度は、ファスナー付けの本とか、ボタン・ボタンホールの本とか、出してくれないかなあ。実物大パターンがついてるのはうれしいです。内容が家庭科の教科書というより裁縫の専門書といった感じです。ほかのシリーズは縫いながら学ぶみたいですがこっちはポケットの形状を探してみながら縫うタイプでよかったです。パターン付きの本に載っている洋服などにはポケットのついていない服が多くて、実用的にはポケットをつけたいと思うことが多いです。裏布があったり!共布の使い方によって!縫い手順が異なってくるのが面白かったです。さすがに服を作ってこのポケットをつけますとか無理やりなのは簡便ですからねw独学でお裁縫嗜んでいる人にとっては、見やすくて便利な一冊です。シリーズで集めています。いろいろなポケットが掲載されているのはもちろん、縫い方のコツも教えてくれる便利な本です。 先日購入した本に、レインコートのレシピがあったのですが、ポケットに雨蓋がなかったので、早速この本の出番です。本には丁寧にひとつづつ説明してあって!白黒ですが!これならできそう!!他にもたくさんのポケットがあって!なんとなく縫っていてぼんやりしたものが!この本のおかげでハッキリ鮮明になった感じです。。手芸の洋服本では!絶対にないタイプのポケットが載っていて!購入して大正解でした。いいです。片玉縁ポケット、箱ポケット付きのパターンを持っているんですが、いまいち分かりずらくて放置してました。