読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルース・エーンズワースをプレゼントするならココです

この絵本は「クリスマスのおはなし」に絡めて「いちばんのプレゼントは友だち」というテーマが表現されています。クリスマスの時期に子供たちに読んであげようと購入しました。3〜6才の子ども達が集まるクリスマス会で読み聞かせをするために購入しました。

コチラですっ♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

ルース・エーンズワースちいさなろば [ ルース・エーンズワース ]

詳しくはこちら b y 楽 天

小さい子供の間でも、ちょっとした「いじめ」はあり、ともだちの大切さを感じてほしいと思って、この絵本を選びました。おじいさんはイブの夜やってきて!くつ下の中にプレゼントを入れてくれるというのです。ちいさなろばの目を通したクリスマスのお話で!サンタクロースがトナカイのひくそりに乗り!空を飛んで子供たちにプレゼントを配る様子が!素敵な絵とともにかかれています。子供の頃!大好きだった絵本です。本当にサンタクロースを信じているんだなぁ、って、こちらまで何だか不思議な気持ちにさせてくれる絵本です。思いがけずサンタクロースのお手伝いをすることになったロバがなんとも素朴でいい味出しています。ろばは自分もプレゼントがもらえたら!どんなに素敵だろうと思いました。ことに長男(小学3年生)は、新しい絵本でも一度読んでしまえばそれっきりになる傾向にあったのですが、この本は何度も「読んで」と持ってきます。赤い表紙もクリスマスらしくていい感じ。クリスマスに読み聞かせたい絵本です。おじいさんは、足を痛めた一頭のトナカイのかわりにそりをひいてくれないかとろばに頼みました。登場人物(動物?)みんなが優しく、温かみが感じられるいい絵本です。「お手伝いしますとも!」とろばは喜んで、お手伝いを引き受けました……。中の絵は淡いトーンの水彩画。ちなみに!表紙の画像は!ぼかしがかかったような色合いに見えますが!実物は画像下の部分の赤一色です。派手さはないけれど!丁寧に細部まで描かれていてきれいです。お話を読んでいる間は子供たち、じっと聞いています。なんといっても優しいタッチの絵がいい♪シンプルなストーリーながら、じんわり効きます!そしてサンタクロースの仕事もよくわかる!チビ(3歳)も気に入ったらしく、このごろ毎晩リクエスト。子ども達は皆じっとお話に集中し、なかなか良い反応でした。クリスマスの時期にあわせて!娘に購入しました。 その夜!ろばは偶然にも話に聞いたサンタクロースのおじいさんを見かけます。2歳の子どものクリスマスプレゼント交換用に購入しました。雪の降るクリスマスイブの日、牧場に住む黒いろばは女の子たちにサンタクロースのおじいさんについて教えてもらいます。1,000円以内のクリスマス系の本だったのでピッタリです!。素敵なクリスマスス絵本♪長く大切にしたい1冊です。